ご予約はこちら
コンテンツ

コアコンディショニングとは

スポーツや日常生活など全ての動きの基本となる体幹(コア)を調整することで身体全体の動きをスムーズにする動きがあります。
家で例えると体幹(コア)は家の土台と同じ役割があり、このバランスが悪い家全体のゆがみに影響してきます。
身体も同じ体幹(コア)のバランスが悪い事で骨盤のゆがみ、手足の関節や筋肉の動きも悪くなります。

コアコンディショニングの役割

コアコンディショニングでは、その身体の土台といえる体幹(コア)を鍛えることにより身体全体のバランスを調整いたします。 コアコンディショニングは、発育が大切なお子様から、身体疲労回復を目的としたお年寄りの方々まで、幅広い年齢層に受け入れられており、特に激しい練習を日々行う一流のスポーツ選手のオーバーユーズの予約・疲労回復、パフォーマンス向上にも大変効果的です。

発育発達に沿ったコアコンディショニング

発育段階

コアコンディショニングは姿勢や動きの要であるコアの機能を発育発達過程に沿って再学習していくプログラムです。
誰もが赤ちゃんの時に一度は経験している動作をもとに無理なく自分で行える理にかなったエクササイズです。

コアリラクゼーション

コアのアライメントを整え本来あるべき状況を再現する

人間の発育発達
赤ちゃんはお母さんのおなかの中で羊水に浮いて重力の影響のあまり受けずにリラックスしていきます。
ストレッチボールにからだをあずけ、ゆっくりと呼吸をしていくとからだの筋肉がゆるんでいきます。
私たちは日常生活の中で癖やお決まりの姿勢や動作によって特定の筋肉をゆるめアライメント(骨の配列)を整え
赤ちゃんが生まれてきたときのようにゆがみのない状態にするのがコアリラクゼーションです。
コアコンエクササイズ

コアコンエクササイズ

ストレッチボールに乗って、身体を頭、胸椎、仙骨で支えるポジションをとり、コアの筋肉や関節まわりをゆるめていきます。

コアリラクゼーションが受けられるプログラム・・・ベーシックプログラム、リアライメントプログラム

矢印

コアスタビライゼーション

コアを活性化させて姿勢・動きのベースをつくる

人間の発育発達
赤ちゃんはなぜ泣くのでしょうか?
私たちはなくということをコアのエクササイズと捉えます。
赤ちゃんは大きな声で泣いてしっかり呼吸することでコアの筋肉を鍛えているのです。
泣くことを繰り返しながら、寝返りやハイハイができるコアの強さをつくっていきます。
コアコンエクササイズ

コアリラクゼーション

呼吸エクササイズをしながらコアをしめたり、ニュートラルポジション(背骨の理想的なカーブ)をつくりコアをしっかりを使えるようにしてきます。

コアスタビライゼーションが受けられるプログラム・・・リセットプログラム

矢印

コアコーディネーション

コアと全身を協調させて動きをつくる

人間の発育発達
泣くことによってコアが鍛えられてきたら、次に動きの中で上手にコアを使うことを覚えます。
寝返り:からだを一本の軸として回る
うつ伏せ:背中を反る動作で背中や肩まわりを鍛える
ハイハイ:コアをうまく曲げ伸ばし前に進む
四つん這い:肩関節、股関節でしっかりと身体を支える
お座り:背骨や骨盤でしっかりと身体を支える 
コアコンエクササイズ

コアスタビライゼーション

寝返りやうつ伏せで身体を戻らすエクササイズ、ハイハイや四つん這いなどの動きの中でコアと四肢を連動させていきます。

  • facebook
  • twitter
  • ameba
  • line@
  • エキテン
  • Instagram
ページ上部へ