ご予約はこちら

健康保険コース

腰や寝違い、捻挫などの症状の方に最適です!

健康保険コース

各種保険により自己負担金の割合や、助成金が変わりますので、保険証や手帳等を来院時に受付窓口でご提示ください。治療内容は、最新の電気療法と手技療法が主です。

全般的に幅広くどんな症状にも対応はできますがぎっくり腰や寝違い、捻挫などの症状の方には最適です!!

 3割負担
初診料 (保健割合、施術部位数による)700~1,500円
施術料 (保健割合、施術部位数による)200~600円程度

初診料は、初診の方及び、最終来院日より1ヶ月以上空いた方、3ヶ月以上継続診療の方にかかります。

治療時間概ね15分位
治療方法最新電療と手技療法を施術します。必要に応じて冷罨法、固定を行います。

主に健康保険で取り扱える適用症状は、骨折、脱臼、捻挫、挫傷、打撲、です。

健康保険の種類は以下の通りです。
  • 国民健康保険
  • 後期高齢者保険
  • 健康組合保険
  • 協会組合保険
  • 共済組合保険
  • 防衛、船員

※骨折、脱臼は医師の診断書が必要です。
※市区町村より助成金制度などがあります。各種手帳をご提示ください。

 

自賠責保険

交通事故の方は、必ず自賠責保険、任意保険会社に連絡をし、来院ください。

必ず、御来院の際に、整形外科などの診断書をご持参ください。

同乗者でけがをされた方は、場合により第3者行為による健康保険の立て替え払いとなりますので、
必ず健康保険証をご持参ください。後日、任意保険からのお振込のお手続きをしてください。

労災保険

会社での拘束時間中、ぎっくり腰など症状を発症してしまった方は、必ず会社に労災の用紙をもらい来院ください。

尚、整形外科などの診断書もご持参ください。

ご希望のコース日付時間帯等をご記入の上ご連絡下さい。
尚、電話でも予約受付に対応しております。

健康保険

健康保険コース

主に健康保険で取扱える適応症状は、骨折、脱臼、捻挫(肉離れを含む)、打撲、挫傷です。

 

各保険により自己負担割合や、助成金が変わりますので保険証、後期高齢者保健手帳、各行政区に於ける医療女性手帳等を来院時に受付窓口でご提示ください

治療内容は、冷罨法、最新の電気療法と手技療法が主です。

※住民票及び健康保険証の変更の際は、速やかにご持参ください。
 ご持参されませんと、自費診療になる場合がございます。
※初診時及び3か月以上空いての来院は、初診料がかかりますので、ご了承ください。

 一般料金
3割 負担
初診料(1部位~3部位)1,000円/10分
(520円~720円)
施術料(1部位~3部位)500円/15分
(180円~480円)

 

追加オプション

保険料金に、別途以下の自費料金が必要です。

一般
カイロプラクティック 25分延長
(寝違いや、捻挫等怪我による保険治療と関節の歪みを征服します。)
2,000円
スポーツストレッチ 25分延長
(肉離れや怪我による保険治療と、リハビリとしてストレッチ等の関節可動域)
2,000円
マッサージ  15分延長
(怪我の状態により、マッサージ治療をオススメします。)
1,000円

 

学生
カイロプラクティック 25分延長
(寝違いや、捻挫等怪我による保険治療と関節の歪みを征服します。)
1,000円
スポーツストレッチ 25分延長
(肉離れや怪我による保険治療と、リハビリとしてストレッチ等の関節可動域)
1,000円
マッサージ  15分延長
(怪我の状態により、マッサージ治療をオススメします。)
500円

 

シニア(70歳以上)
マッサージ  15分延長
(怪我の状態により、マッサージ治療をオススメします。)
500円

 

整骨院、接骨院での保険療養費の一部改定について

平成29年9月4日厚生労働省保険局長、厚生労働省保険局医療課超通知により、柔道整復師の施術に係る療養費の算定基準の一部改正が行われましたので周知徹底くださいますようお願い申し上げますとのことでした。

 

健康保険法、鮒員保険法、国民健康保険法及び高齢者の医療の確保に関する法律に基づく柔道整復師の施術に係る療養費の支給申請書を適正かつ効率的に審査するため、毎月の審査において、以下の事項の中から任意に選択した事項を、重点的に審査するものとする。

特に、施術所ごと又は請求団体ごとに3部位以上の施術、3か月を超える施術、月10回以上の施術、同一施術所における同一患者の負傷と治療などを繰り返す施術、いわゆる「部位転がし」などの傾向があるものを分析するなど、重点的に審査するものとする。

 

整骨院で柔道整復師の施術に係る保険療養費について

保険をつかえるときはどんな時?

  • 整骨院や接骨院で骨折、脱臼、打撲及び捻挫(いわゆる肉ばなれを含む。)の施術を受けた場合に保険の対象になります。
  • なお、骨折及び脱臼については、緊急の場合を除き、あらかじめ医師の同意を得ることが必要です。

 

治療を受ける時の注意

  • 単なる肩こり、筋肉疲労などに対する施術は保険の対象になりません。このような症状で施術を受けた場合は、全額自己負担になります。
  • 療養費は、本来患者が費用の全額を支払った後、自ら保険者へ請求をおこない支給を受ける「償還払い」が原則ですが、柔道整復については、例外的な取扱いとして、患者が自己負担分を柔道整復師に支払い、柔道整復師が患者に代わって残りの費用を保険者に請求する「受領委任」という方法が認められています。
  • 柔道整復師が患者の方に代わって保険請求を行うため、施術を受けるときには、必要書類に患者の方のサインをいただくことが必要となります。
  • 保険医療機関(病院、診療所など)で同じ負傷等の治療中は、施術を 受けても保険等の対象になりません。

 

療養費について 療養費の取扱い(Q&A)について

厚生労働省より、お知らせ。

療養費の取扱い(Q&A)について

 

療養費改定について

厚生労働省より、お知らせ。

療養費改定について

 

 

  • facebook
  • twitter
  • ameba
  • line@
  • エキテン
  • Instagram
ページ上部へ