ご予約はこちら

施術内容

アスリートヨガ

初級アスリートヨガ指導員
ヨガの基礎知識を自身のスポーツ指導のサポートとして活用できる。

ヨガを指導したことがない方でも、アスリートに向けた基礎ポーズ指導方法やアスリートへ向けたヨガの基礎知識を学べる講座です。
既にヨガを指導している方も、アスリートに向けた指導方法やヨガの哲学とアスリートの関係、医学的見地から見たヨガとスポーツ、メンタル面での活用法などを学べます。

[内容] 基礎・概論(座学・実技両方)

77個の基本ポーズを学び、指導現場での活かし方を考えます。
ヨガを極めることを「自分を制していく戦い」と捉え、アスリートをとりまく様々な環境下における
ヨガ哲学の活かし方を考えます。

ヨガには「柔軟性の高い体の動き」と「平和的なイメージ」という印象をもつ方も多いですが、
競技によっては、身体を緩めすぎることでパフォーマンスが下がる場合もあり、
平和的な考えだけでは、アスリートが目指す大会を勝ち抜くことができない場合もあります。
4000年以上の歴史をもつヨガ本来のストイックで厳しい考え方や、
柔軟性を高めるだけではないポーズの効果などを幅広く学び、アスリート現場への活かし方を学ぶコースです。

カイロプラクティックコース

腰痛、頭痛、むち打ち、肩こり、股関節や膝の痛みなど運動器疾患系にすぐれた効果を発揮します。

その他、疲労回復、姿勢改善、自律神経失調、など、また自律神経を介して内臓の機能改善、ストレスの緩和などにも有効であり、

高齢者へのケアや生活習慣病、慢性病などの効果も注目されています。風邪予防や健康増進のため、健康管理としても利用されています。

スポーツストレッチコース

ストレッチの効果

  • 関節可動域(柔軟性)の改善
  • 筋緊張の低下
  • 血液循環の改善
  • 筋痛の緩和
  • 障害予防
  • 競技的パフォーマンスの改善

禁忌

  • 整形外科的疾患(関節障害、骨折、捻挫、筋断裂、腱断裂、五十肩、腰痛症などの急性期、脳血管障害等の中枢神経系疾患の急性期)

コアコンディショニング

コアコンディショニングは、ストレッチポールで体幹(コア)に働きかけ、身体全体のバランスを調整します。

近年、発育途中の幼児の姿勢調整、少年少女の運動能力向上、お年寄りの方健康維持、女性に人気の姿勢改善、

そしてアスリートの基本(体幹)トレーニングまで幅広い分野で利用されています。

便利な回数券も提供中です。
通う必要のある整体やジムと異なり、一度習得すれば、ご家庭で自分できるのもコアコンディショニングの魅力。
手軽で効果的に、自分でできる健康づくりはじめませんか?

体幹チューブトレーニング

チューブトレーニングは、ゴムでできたバンドやチューブを使って、
その反発力を活かして筋トレをしたり、
インナーマッスルを鍛えることでケガのリハビリをしたりするトレーニング法です。
それほどメジャーなトレーニング法ではないかもしれませんが、
やり方によってはとても効果的に筋肉にアプローチすることが可能です。
 
トレーニング用チューブの特徴

 1:収納がラク

 2:安価に手に入る

 3:怪我をしにくい

 4:省スペースで行える

 5:運動強度の調整が簡単

 6:動作の安定や関節の安定を図れる

 

コアパフォーマンストレーニング

オフシーズンの毎日45分から1時間ほどの、殆ど特別な道具も必要ないトレーニング。

プロのアスリートだけでなく、子供にも、大人にも、高齢者にも、すなわち誰にでも実行可能なプログラム。

むしろ、女性のほうが生来の柔軟性やバランス能力、安定性などに助けられて、男性よりもこのプログラムが早く習慣化している。

『見栄えを良くするためでなく、パワフルで機能的な動きのできる身体にコンディショニングすること』

日々の生活の全ての動作、車から降りる、子供を抱き上げる、スポーツの特有な動作も含んでいる。

このプログラムで、人生で一番格好いい体が作れるでしょう。

より素早く、力強く、対応能力豊かで、柔軟性に富み、全身でパワーを作り出せる身体になる。

マッサージコース

マッサージの適応症状

  • 局所あるいは全身のリラクゼーションの促進
  • 鎮痛
  • 慢性浮腫・瘢痕組織(浅・深部)、筋、腱、靭帯、関節の障害
  • 慢性便秘、運動機能の促進、変形の予防

 

マッサージの禁忌

  • 急性感染症
  • 皮膚疾患
  • 施術部位の腫瘍
  • 施術部位の感覚敏感
  • 砂・ガラスなどの異物混入
  • 血管疾患(血栓性静脈炎)
  • 静脈瘤、血友病、明らかな水腫

健康保険コース

保険適応範囲

  • 骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷(肉離れを含む)
  • 骨折・脱臼については、緊急の場合を除き、あらかじめ同意を得ることが必要です。
  • facebook
  • twitter
  • ameba
  • line@
  • エキテン
ページ上部へ