ご予約はこちら
健康の知恵袋

肥満とは

肥満の概念

肥満の現状

現在、経済発展に伴い飽食化が進んだことで、先進国を中心に肥満者が増加しています。

日本では、1970年代と比べて摂取カロリーが減少しているにも関わらず、肥満の割合は増えています。

デスクワーク中心となったことで身体を動かす機会が減ったことや、食生活の乱れ等がこの肥満増加に拍車をかけているといわれています。

また、特に男性の肥満が増加してしており、生活習慣病の増加にも繋がっています。

増加傾向にあった肥満人口は、近年では減少傾向にあるものの、食生活や生活が変化し続けることはありません。

ダイエットを行う上で、最も大切なのは健康であることです。

誤った知識や情報に基づいたダイエットが原因となって、拒食症や過食症など健康に害を及ぼす恐れがあります。

適切な食生活と適度な運動が、健康には欠かせないヨウ素であることを念頭に置いて、ダイエットに励みましょう。

 

肥満の判定

「肥満」とはの数値が高いことではなく、体脂肪率が適正範囲より高いことを指します。

つまり、基礎代謝で要する消費エネルギーと、食事等で摂取するエネルギーのバランスが摂れておらず、余分なエネルギーが体脂肪となって過剰に身体に蓄積された状態です。

肥満の判定基準には、BMIの数値が用いられます。

日本人の場合、BMIが25を超えると、生活習慣病のリスクが増加するといわれています。

ここで注意したいのは、筋肉量や骨のが多い人は、で肥満と判定される場合がある事です。

こうした場合、体脂肪率は低く算出されるはずなので、BMIと体脂肪率を照らし合わせてみましょう。

また、体重自体は適正範囲でも、体脂肪率が高い「隠れ肥満」もBMIだけでは判定できません。

肥満の判定には、BMI数値を算出したうえで、体脂肪率と合わせて判断するとよいでしょう。

 

肥満タイプ

洋ナシ型(下半身肥満型・皮下脂肪蓄積型)

下半身、主に大腿部や臀部に死亡か付くタイプの肥満体型のことで、見た目が洋ナシに似ていることからこう呼ばれています。

女性に多く見られる太り方で、洋ナシ型肥満の場合、内臓脂肪よりも皮下脂肪が蓄積されていることが多いのが特徴です。

 

リンゴ型(上半身肥満型・内臓脂肪蓄積型)

上半身、主に腹部に脂肪がつくタイプの肥満体型のことで、見た目がりんごに似ていることからこう呼ばれています。

男性に多くみられる太り方で、リンゴ型肥満の場合、内臓脂肪が蓄積されていることが多いのが特徴です。

内臓脂肪は生活習慣病の原因になりやすいため、注意が必要ですが、皮下脂肪に比べて内臓脂肪の方が、運動や食生活の改善によって減少させやすい脂肪です。

 

隠れ肥満とは?

体重や体型によっては判断できない。もしくはBMI数値では正常を示しながらも、内臓脂肪が多く蓄積されている肥満のことを指します。見た目には太っているようには見えないことが多いため、身長や体重で産出されるBMI数値だけではなく、体脂肪率も計測してチェックしてみましょう。

【体脂肪率の適正範囲】

成人男性:体脂肪の割合が体重の15~20%

成人女性:体脂肪の割合が体重の20~25%

 

なぜ中年期は太りやすいのか

人間の消費エネルギーは、基礎代謝と活動代謝量の合計です。

生命を維持する為に必要な最低限のエネルギー消費である基礎代謝は、1日のエネルギー消費の約6割を締めているといわれています。

立ったり歩いたりするときに消費されるエネルギーは活動代謝と呼ばれ、この2つのエネルギーによって身体の脂肪は消費されています。

しかし、基礎代謝は加齢とともに筋肉量が減少するに伴って低下しいていきます。

また、活動代謝は加齢とともによって左右されるものの、こちらも加齢に伴い低下する傾向があるため、総じて身体における消費エネルギー量が摂取エネルギー量よりも低くなりがちになります。

そのため、中年期、40歳前後からは、一般的に20代・30代と比べて脂肪が蓄積しやすくなります。

慢性的な運動不足だけではなく、若いころの生活習慣・食生活を続けることで脂肪が過剰に蓄積される年齢であるため、「中年期はふとりやすい」と言われるのです。

 

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームの診断基準

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪蓄積を基盤にして、糖尿病、脂質異常症、高血圧などの生活習慣病の重複が起こっている状態を指しています。

メタボリックは「代謝」、シンドロームとは「病的症状に陥った場合に現れる検査値に似ている一連の症状」を意味する医学用語です。

近年よく知られる言葉となったメタボリックシンドロームですが、その診断基準は、脂質値、血圧、血糖値の2項目以上が異常であり、ウェストを用いることで、自覚を促し、予防や対策をしやすくする狙いがあります。

 

メタボリックシンドロームの基準

厚生労働省の発表によると、新たな診断基準が検討されており、2018年からは新基準での診断が実施される予定です。

内臓脂肪蓄積の目安

ウェストサイズ(腹部、へそ周りのサイズ)周囲径

男性≧85㎝ 女性≧90㎝

血清脂質血圧血糖

中性脂肪(TG)値≧150㎎/dL

かつ、または

HDLコレステロール値<40mg/dL

収縮期血圧≧130mmHg

かつ、または

拡張期血圧≧85mmHg

空腹時血糖値≧110mg/dL

 

(この3項目のうち、2項目以上に異常あり)

メタボリックシンドロームと診断!

 

 メタボリックシンドロームと生活主観病の関係

メタボリックシンドローム(内蔵脂肪型肥満)を放置すると

脂質異常症・高血圧症・糖尿病などの

生活習慣病を引き起こす!

脂質異常症高血圧症糖尿病

血液中の資質のバランスが悪くなる病気です。

偏った食事や飲酒、運動不足等が原因です。

血圧が高い状態が続く病気です。

加齢のほか塩分の摂り過ぎ、運動不足、肥満などが発症の原因になります。

血糖値が高い状態が続く病気です。

脂肪や糖分の摂り過ぎ、運動不足などが原因となって引き起こされます。

診断基準

LDHコレステロール値

140mg/dl以上

HDLコレステロール値

40mg/dl未満

中性脂肪

150mg/dl以上

収縮期血圧

140mmHg以上

または

拡張期血圧

90mmHg以上

 空腹時血糖値

126mg/dl以上

随時血糖値

200mg/dl以上

または

ブドウ糖負荷試験

2時間値200mg/dlで

HbA1cが6.5%以上

 

  • facebook
  • twitter
  • ameba
  • line@
  • エキテン
  • Instagram
ページ上部へ