ご予約はこちら
健康の知恵袋

背中(背中の肉)

同じ姿勢を長く続けて背中の筋肉を動かないために、コリで背中が盛り上がって猫背になっている人も。

背中の琳派の流れをよくして、こりをほぐすのが、背中やせの近道です。

こんな人におすすめ

  • ノースリーブが似合わない
  • 肩甲骨が見えない
  • 背中が盛り上がっている

内部燃焼ポーズ

肩から背中をつなぐ大きな筋肉、僧帽筋を鍛えます。

余分なお肉がついていない。

スッキリとした背中を目指しましょう。

  1. 肩幅に脚を開き立ち、両ひじを曲げて肩の高さまで上げ、腕を開く。
  2. 肩甲骨を寄せるようにひじを後に引いて10秒キープ。

 ※10回行う。

1.押す(にぎる)(1分)

背中をまんべんなくにぎって押す

両手の親指とそのほかの4本の指で、背中のお肉をにぎって押す。

手の届く範囲をまんべんなくにぎっては押し、離すの動作を繰り返して。

2.さする(1分)

背中を手のひらでまんべんなくさする。

左手は右から左へ、右手は左から右へ、手を左右交互に動かしながら、手のひらで背中をさする。

手の位置を少しずらしながら、まんべんなくさする。

ポイント

上半身をねじりながら擦るとおこないやすい!

3.もむ(1分)

背中のお肉をつかみ、もみほぐす

腰をひねって、両手の親指とそのほかの4本の指で背中のお肉をつかみ、手を交互に動かしてもみほぐす。

手の位置をずらしながらもむ。

4.たたく(1分)

手の届く範囲で背中をたたく

少し前かがみになり、手のひらの中央を軽くくぼませて両手で交互に、背中をリズミカルに叩く。

手の届く範囲をまんべんなくたたいて。

  • facebook
  • twitter
  • ameba
  • line@
  • エキテン
  • Instagram
ページ上部へ