ご予約はこちら

野菜の栄養学

消化吸収の仕組みと5大栄養素

1.食物の消化と吸収

食物は食べてすぐにカラダの中で役に立つわけではありません。食物は消化管内で消化酵素の働きによって、吸収されやすく、血液で運ぶことができるくらいの分子に分解されます。この過程を消化といいます。

消化管は口腔から始まり、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸を経て肛門までつながっています。各器官では、異なる働きを持った消化酵素が分泌されます。

2.5大要素の種類と働き

食物に含まれる栄養素には、たくさんの種類があります。それぞれの働きや性格から、エネルギー源になるもの、カラダの構成成分になるもの、身体の調子を整えるものなどに分けられます。

1.栄養素の種類と働き

私たちが食べている食物には、様々な栄養素が含まれています。栄養素はヒトの体にとって栄養となる主な成分のことです。

人が声明を維持し、活動し、成長するために必要なものです。

栄養素は、その働きの性質から、炭水化物(糖質と食物繊維)、脂質、たんぱく質、ミネラル、ビタミンの5種t類に分類され、これらを5大栄養素といいます。なかでも、エネルギーとしても利用され、生命維持に重要な炭水化物、脂質、たんぱく質は3大栄養素といわれています。

 
2.野菜・果物の役割とバランスの重要性

野菜・果物には他の食物からは摂りにくいビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれているという特徴があります。

また、ポリフェノールやカロチンなどの機能性成分が含まれている野菜・果物も多く、様々な効果が期待され、野菜・果物として注目されています。

とくに果物は殆どのものが生で食べる事が出来、なかでもビタミンCを含みビタミンの供給源となります。さらに、果物は加藤を含むことから過度な甘味があります。

 

3.栄養素の役割とバランスの重要性

カラダに必要な栄養素は多種多様ですが、栄養素を利用するには、他の栄養素の働きが欠かせません。例えば、炭水化物がエネルギーとして利用される際にはビタミンB1が必要になりますし、カルシウムは蛋白質やビタミンDと一緒に摂取すると吸収率が上がります。

このように、複数の栄養素を摂取することで吸収率がよくなるのです。ですから、多種類の栄養素をバランスよく摂取することが重要になりいます。

各食品に含まれる栄養素やそれぞれの特徴を理解し、相互作用も考慮して、食事のバランスを考えてみましょう。

 各食品に腹荒れる栄養素
 炭水化物蛋白質脂質ビタミンミネラル食物繊維フィトケミカル
穀物
肉・魚
牛乳・乳製品
豆・豆製品
野菜
きのこ・海藻
果物

 

3.水の働き

水は、営養素には含まれません。しかし、身体を構成する成分の野化で最も多く、成人のやく60%を占めています。体内の水は、細胞の中(細胞内液)など、カラダのあらゆる部分に存在しています。血液、リンパ液は、細胞外液になります。

体の中での水の主な役割は、次の通りです。

水の主な役割
  • 血液の成分として、栄養素を全身に運ぶ
  • リンパ液の成分として、体内の老廃物を尿や弁として排泄する。
  • カラダの適度な柔らかさを保つ
  • 発汗作用によって体温の調節をする(体内で発生した熱は血液の循環により、汗をかくことで放熱される。)

野菜は水を多く含んでいますが、特に夏に旬を迎える野菜に水分が多い傾向があります。汗をかく季節は夏野菜を意識して野菜からも水分を摂りましょう。

5大栄養素の特徴と働き

炭水化物の特徴と働き

炭水化物はヒトの消化酵素で消化でき、エネルギー源となる糖質と、ヒトの消化酵素で消化できない食物繊維に分けられる。

1.糖質の特徴と多く含まれる食品

糖質は、体内での消化や吸収が速く、短時間でエネルギーに代わる重要な栄養素です。主食となる穀物やいも類、砂糖、果物等に多く含まれています。

個の糖質を科学的特徴で分類すると、単糖という物質の結合の数で分けられます。単糖類を基本にして、単糖が2個結合した二糖類、3~9個程度結合した小糖類(オリゴ糖)、10個以上結合した多糖類に分類されます。

糖質の種類と特徴
分類種類特徴
単糖類グルコース(ぶどう糖)ヒトの血液中に血糖として一定濃度含まれる
フルクトース(単糖)藤の中で最も甘い
ガラクトースラクトースの構成成分
二糖類マルトース(麦芽糖)麦芽やはちみつ、水あめに含まれる。グルコースとフルクトースが結合したもの
スクロース(ショ糖)砂糖の主成分。グルコースとフルクトースが結合したもの。
ラクトース(乳糖)母乳や牛乳に含まれる。グルコースとガラクトースが結合したもの
小糖類(オリゴ糖)マルトオリゴ糖甘味があるが体内で吸収されにくい
多糖類デンプン穀類に含まれ、グルコースが多数結合したもの
グリコーゲングルコースを肝臓や筋肉にためておくときのもの

 

2.糖質の消化・吸収

 

  • facebook
  • twitter
  • ameba
  • line@
  • エキテン
ページ上部へ