ご予約はこちら
コンテンツ

注意事項

経絡についての知識や、リンパトリートメントにお技術を使って、体質改善や悩みを解消に導くことができます。

効果をあげるためには、正しい方法でトリートメントを行うことが最も重要なことです、

注意事項を守らないことで、アレルギー症状が現れたり、トリートメントのやり過ぎによって、逆効果になることもあります。

きちんと体調とタイミングを見極めながら、正しく、継続してトリートメントを行いましょう。

そうすれば、身体からの信号をきちんと受け止めることができ、トリートメントの効果アップも期待できます。

 

トリートメントの前のチェック項目(禁忌事項)

  • 手は清潔ですか?
  • 食後2時間以内の場合や、飲酒している時はやめましょう。
  • 頭皮に湿疹があったり、発熱など、体調が悪いときには、トリートメントを控えましょう。
  • 腫れた部分や、骨折した部分があるときは、トリートメントを行ってはいけません。
  • 感染症や、伝染病のある時は、トリートメントを行ってはいけません。
  • 重篤な疾患があるときは、トリートメントを行ってはいけません。(心臓疾患・がん・糖尿病・腎臓病など)。
  • 妊婦に行うときは、主治医の承諾が必要です。流産や早産をしたことがある方は、行わないでください。特に問題のない方には20週目以降はトリートメントを行うことはできますが、妊産婦向けのトリートメントの指導を受けましょう。予測のできないことが発生する可能性を理解しておきましょう。
  • 進行した静脈瘤がある方はやめましょう。
  • 入浴後など、身体が温まっている時に行いましょう。
  • トリートメント中、トリートメント後には、十分な水分補給を行いましょう。1日1.5~2ℓは飲むようにしましょう。
  • 極度の高血圧または、低血圧のときは、トリートメントをお行ってはいけません。
  • 手術後や、医療機関で専門治療を受けている時は、医師に相談しましょう、
  • 症状のひどいとき、トリートメントの効果が表れないときは、医師などの診断を仰ぎましょう。
  • キャリアオイルや製油を使う場合は、パッチテストを行いましょう。腕の内側にオイルを塗り、24~48時間放置し、異常が現れないかを確認しましょう。

 

  • facebook
  • twitter
  • ameba
  • line@
  • エキテン
  • Instagram
ページ上部へ