ご予約はこちら

ルーシーダットンを行う上で心がけるべきこと Archives - ひろお豊玉中整骨院

ルーシーダットンを行う上で心がけること

自分が気持ちよいと感じる範囲で身体を動かす

ルーシーダットンでは、無理をせず、自分なりに体を動かすことが最も重要なポイントです。

そのため、回数にも決まりがなく、自由に行うことが出来ます。

「決められたポーズを実践できるか」ではなく、「自分がどれだけリラックスできるか」を追及してみてください。

 

自分と他人を比較しない

特に、グループでルーシーダットンを行う際には、「隣の人はあんなに体が動くのに、私はうまく動かない」「私は〇〇さんよりポーズがうまくできている!」などと考えてしまいがちです。

このような他人と自分を比較する気持ちがあると、体を無理に動かしてしまいかねません。

ルーシーダットンは、「体を癒す調理法」であるため、体に負担のかかる動きはせずに、自分なりに体を伸ばすことを心がけてください。

 

練習する時間帯をあらかじめ決めておく

朝起きたとき、お昼の休憩、夜寝る前など、練習する時間をきるとよいでしょう。

ルーシーダットンは、一度ですぐに効果が現れる運動ではありません。

継続的に行う必要がありますので、時間帯を決めて習慣化することをオススメします。

  • facebook
  • twitter
  • ameba
  • line@
  • エキテン
  • Instagram
ページ上部へ