ご予約はこちら
健康の知恵袋

代謝を促す旬野菜の脂肪燃焼レシピ!

季節ごとに出回る新鮮な旬野菜は、脂肪燃焼を後押しするビタミンやミネラルが豊富だから、しっかり摂りたいもの。

彩り鮮やかな旬野菜を見た目もおしゃれに、おいしく食べられるレシピを紹介します。

 

旬野菜

「スタイルの維持に必要なのは、食べないことではありません。

カラダに必要な栄養素が十分に摂れる食事をしていれば、太ってしまうこともないのです。」

無理に食事を抜いたり、食べる量を減らしたりすると、摂取カロリーが抑えられるもの、カラダのほうが脂肪の燃えにくい”痩せにくいカラダ”になってしまう。

原因は、脂肪を燃やすスイッチ役となる。

ビタミンやミネラルなどの栄養素が不足していること。

「旬野菜に豊富に含まれる、こうした栄養素が脂肪をエネルギーに変え、代謝させる働きがあります。

代謝がうまくいかないと、脂肪はカラダの中に蓄えられ、「食べてないのに痩せない」というもどかしい結果になってしまいます。」

彩り鮮やかな旬の野菜は、おいしくお腹を満たしてくれるだけでなく、燃焼体質へと導いてくれる、頼もしい存在なのだ。

かぼちゃのテリーヌ、カラフル野菜添え(ココナッツオイルが、風味をプラス)

材料(2人分)

かぼちゃ(100g)

木綿豆腐(1/3丁)

紫キャベツ(1枚)

にんじん(1cm幅)

スプラウト(適量)

ココナッツオイル(小さじ2)

塩麹(小さじ2)

塩(適量)

A

くるみ(4個)

ココナッツオイル(大さじ2)

味噌(大さじ1)

塩(ひとつまみ)

作り方

1.木綿豆腐を水切りにする。

 かぼちゃを一口サイズに切る。

 紫キャベツ、大根、にんじんを千切りにする。

2.鍋に2~3mmの水を入れ、かぼちゃをのせ、塩を振り、柔らかくなるまで弱火で蒸し煮する。

 粗熱をとれたら、皮と実に分ける。

3.ボウルに紫キャベツ、にんじん、大根、スプラウトを入れ、ココナッツオイル、塩麹をふり、全体を和える。

4.別のボウルに豆腐、南瓜の実、Aを入れ、混ぜ合わせる。

5.器に型をのせ、4を片抜きする。

 3を上にこんもりとのせる。

 ※型は牛乳パックなどを切って利用しても。

玉ねぎとアスパラのポタージュ(自然な甘みで、お腹に優しい)

材料(2人分)

玉ねぎ(1個)

アスパラ(2本)

豆乳(2カップ)

味噌(小さじ2)

塩(ふたつかみ)

作り方

1.玉ねぎは薄切りに、アスパラは斜め薄切りをする。

2.鍋に大さじ2程度の水、玉ねぎ、アスパラを入れ、塩を振り、玉ねぎが甘くなるまで弱火で蒸し煮する(ウォータースチーム)。

 トッピング用のアスパラを取り出しておく。

3.フードプロセッサーに豆乳1カップ、玉ねぎ、アスパラを汁ごと入れ、滑らかになるまで回す。

4.鍋に3を移し、残りの豆乳を入れ、沸騰直前まで弱火にかける。

 溶いた味噌を加え味を調える。

 器に盛り、トッピング用のアスパラをのせる。

テキストテキストテキストテキストテキスト

 

  • facebook
  • twitter
  • ameba
  • line@
  • エキテン
  • Instagram
ページ上部へ