ご予約はこちら
健康の知恵袋

バナナ

ビタミンC、ミネラルが多く免疫力アップや老化抑制に

独特の香りとほろ苦さが特徴で、春を告げる野菜としてよく知られています。ヨーロッパ原産のアブラナのつぼみと花茎、若葉の部分で、『菜の花』や『芯摘菜』とも呼ばれます。

野菜の中ではビタミンCが群を抜いて豊富で、1/2束で1日の摂取基準をクリアするほど。抗酸化作用の高いβ‐カロチンやビタミンB2‣Eなども豊富なので、活性酸素の働きを抑制し、がんや老化から体を守るほか、免疫力をアップして風邪などの感染症や肌荒れ予防の効果も。

高血圧を防ぐカリウム、骨を形成するカルシウムも豊富で、貧血を防ぐ鉄、葉酸も含まれています。

ビタミンCは水溶性なので、効率よく摂るためには短時間でサッとゆでるのがコツです。

 

期待できる効果

  • 豊富なビタミンCで抗酸化力アップ、がん予防
  • 免疫力をアップして肌荒れや風邪を予防
  • 高血圧や骨粗鬆症の予防

 

DATA

主な栄養成分(可食部100gあたり)
エネルギー33kcal
2.9mg
カルシウム160mg
カリウム390mg
ビタミンA(レチノール活性量)180μg
ビタミンC130mg
ビタミンE2.9mg
食物繊維4.2g
ビタミンB20.28mg
葉酸340μg
‣科、属アブラナ科アブラナ属
‣和名菜花
‣原産地地中海沿岸、北ヨーロッパ、中央アジア
‣主な産地千葉県、三重県、群馬県など
おいしい時期12~3月

 

選び方

  • つぼみがかたく締まっているもの
  • 葉や茎がやわらかく、切り口が変色していないもの
  • 花が咲き始めたら特有の柄組が出て味が落ちる
  • 花蕾の上部から15cmほどを摘み取った菜花。やわらかくほろ苦い。

 

品種群

三重菜花(西洋種)洋種アブラナの茎部分を若菜と一緒に摘み取ったもの。三重の伝統野菜としても登録されている。

 

おすすめの食べ合わせ

+大豆製品(たんぱく質)疲労回復
+赤身肉やレバー(鉄)貧血予防
+きのこ類(ビタミンD)骨粗鬆症

 

保存方法

  • 軽くしめらせたペーパータオルなどに包んでポリ袋に入れ、野菜室に立てて保存

 

下ごしらえと調理のコツ

  • アクが強いので、下ゆでしてから使う。ゆでるときは根元から先に。
  • 火の通りを均一にするために、茎の部分に包丁で切り込みを入れる。

 

  • facebook
  • twitter
  • ameba
  • line@
  • エキテン
  • Instagram
ページ上部へ