ご予約はこちら
健康の知恵袋

ごま

セサミンが豊富に含まれ、抗酸化力をアップ

主成分は良質なたんぱく質と脂質で、栄養価が高いことから世界中で食されています。

皮の色の違いで黒ゴマ、白ごま、金ごまがありますが、栄養価はほとんど同じです。

脂質にはコレステロール上昇を抑制する不飽和脂肪酸のリノール酸、オレイン酸が含まれビタミンB群・E、カルシウム、鉄なども豊富。

抗酸化物質のセサミンは、肝機能の改善、アンチエイジングや抗アレルギー効果が注目されています。

 

期待できる効果

  • コレステロール上昇抑制
  • アンチエイジング効果
  • がん予防

 

主な栄養成分可食部100gあたり
エネルギー578kcal
9.6mg
カルシウム1200mg
カリウム400mg
ビタミンA(レチアーノ活性当量)1μG
ビタミンC微量
ビタミンE0.1mg
食物繊維10.8g
科・属ゴマ科ゴマ属
和名胡麻
原産地アフリカ
主な産地ナイジェリア、パラグアイ、中国など
おいしい時期9~10月(収穫期)

 

食べ方のアドバイス

  • 鍋に入れて火にかけ、焦げないように鍋を回しながらいるとよい香りになる。
  • そのまま食べてもほぼ消化・吸収されない。
    擦りごまや切りごまにして皮を破ると、風味がよくなり吸収率もアップする。

 

品種群

黒ごま黒い皮にはアントシアニンや鉄が含まれる。赤飯やおはぎのほか、デザートにも使われる
タイトルなど「茶ごま」「黄ごま」とも呼ばれ、皮が明るい茶褐色で香りが最も良い。
タイトルなど皮が白く、最も多く食べられている。脂質が多く、ごま和えや練りごま、ごま豆腐など幅広く利用されている。

 

  • facebook
  • twitter
  • ameba
  • line@
  • エキテン
  • Instagram
ページ上部へ