ご予約はこちら
健康の知恵袋

くり

滋養強壮効果に優れる、秋の味覚の代表格

栗の実は、種子が発達したものなので、種実類に分類されます。

渋皮という種皮と、鬼皮というかたい果皮とに覆われ、さらにイガで包まれているのが特徴です。

日本での歴史は古く、縄文時代の遺跡からも発見されたといわれています。

平安時代に京都の丹波地方で栽培されるようになり、全国各地に栽培の輪が広がりました。

主成分は炭水化物で、ビタミンB1B2Cカリウム等も豊富。

栗のビタミンCは、デンプンに守られているので、加熱による損失はそれほどありません。

葉酸、食物繊維の含有量も多いです。

渋皮には抗酸化作用のあるタンニンが含まれるので、渋皮ごと食べられる渋皮煮等もおすすめです。

 

期待できる効果

  • ビタミンB1による疲労回復
  • カリウムによる高血圧の予防・改善
  • タンニンによるアンチエイジング効果

 

選び方

  • 鬼皮にハリとツヤがあり、むらのない濃い茶色で渋みのあるもの
  • 虫食い穴やや傷、しわなどがないもの

 

主な栄養成分可食部1100gあたり
エネルギー164kcal
0.8㎎
カルシウム23mg
カリウム420mg
ビタミンA(レチノール活性当量)3μg
ビタミンC33mg
ビタミンE0mg
食物繊維4.2g
ビタミンB10.21mg
ビタミンB20.07mg
科・属ブナ科クリ属
和名
原産地中国、地中海沿岸
主な産地茨城県、熊本県、愛媛県
おいしい時期9~10月

 

おすすめ組み合わせ

+ご飯(炭水化物)→血糖値の上昇抑制

 

栗のおいしい茹で方

  1. 栗はさっと洗ってボウルに入れ、水に一晩浸しておく。
  2. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩を適量加える。
    このとき、あればミョウバンを少し加えると、渋皮がむきやすくなる。
  3. 沸騰したら1.の栗を入れ弱火で30~50分(栗の大きさによって調整)ゆでる。
  4. ゆで上がったら火を止め、湯が冷めるまで栗を取り出さず、そのまま冷やす。

 

保存方法

  • ポリ袋に入れて冷蔵庫(あればチルド室」へ。
  • よく洗って冷凍用保存袋に入れて冷凍も可能。食べるときは凍ったままゆでる。
  • むいた栗を保存するときは、水につけて冷蔵庫に入れ、3日以内に食べきる。

 

食べ方のアドバイス

  • 鬼皮のむき方:そこの平らな部分を切り落とし、切り口に包丁を当て、鬼皮をほぐすようにしてむく。
  • 渋皮のむき方:丸みのない側面をそぎ落とし、底から頭に向かって渋皮をむく。
  • 渋皮がむけたら水にさらし、アク抜きをして変色を防ぐ。
  • facebook
  • twitter
  • ameba
  • line@
  • エキテン
  • Instagram
ページ上部へ