ご予約はこちら
健康の知恵袋

ドライフルーツ

栄養もうま味も凝縮され、保存性が高いのが長所

ドライフルーツとは、果物を天日干しにしたり、砂糖漬けにして水分を抜いたり、フリーズドライなどの技術で乾燥させたものです。

もともとは非常時の保存食として、古代ギリシャ時代から世界中で作られてきました。

干し柿のように、生では食べにくい果物をおいしくしたり、保存性を高めることで、広い範囲に流通できるようになります。

ドライフルーツは、水分が抜けて栄養成分が凝縮するため、β‐カロテンやミネラル、抗酸化物質のポリフェノール、鉄、食物繊維等の量は、同じ重量の生の果物よりも多くなりますが、ビタミンCなどは減ることもあります。

 

市田柿

長野県飯田・下伊奈郡産の干し柿のブランド。

小ぶりで飴色の果肉、表面はブドウ糖と果糖の結晶である白い粉で包まれている。

持っちりとした食感、上品な甘さが特徴。

ビタミン、ミネラル、ポリフェノール、食物繊維が豊富。

 

 

あんぽ柿

福島県発祥の干し柿で、渋柿を硫黄で燻蒸して乾燥させる。

一般の干し柿のように固くなく、果肉は半生でジューシーな舌触り。

まるでようかんのように甘く軟らかいのが特徴・

カリウム、ビタミンなどが豊富。

 

 

 

 

ドライプルーン

「西洋すもも」を乾燥させたもので、抗酸化物質の含有量はドライフルーツの中でもトップクラス。

便秘の予防や改善に役立つ食物繊維も豊富。

そのまま食べるほか、洋酒に漬けたり、刻んでヨーグルトに加えたりしてもよい。

 

 

 

干しいちじく

皮をむいたいちじくを乾燥させたもので、アメリカやトルコ、最近では日本でも西院地方などで生産されている。

カルシウムの含有量はすべての果物の中で最も多く、食物繊維もドライプルーンの約1.5倍含まれている。

 

 

 

干しぶどう

完熟した種無しぶどうを乾燥させたもので、そのまま食べるほか、パンやお菓子、シリアルなどに利用される。

出回っているものの多くはカリフォルニア産で、鉄やカルシウム、カリウムを多く含む。

 

 

 

干しあんず

あんずを天日干しにしたもので、なかでもトルコやイランなどの中東のものが有名。

β‐カロテンの含有量が多く、干すことでさらに凝縮されるので、アンチエイジング等の効果が期待される。

 

 

ドライマンゴー

カットしたマンゴーを乾燥させたドライフルーツで、ビタミンCやβ‐カロテン、鉄、食物繊維などの栄養素が凝縮されている。

そのまま食べたり、ヨーグルトに混ぜたり、ケーキ生地に混ぜ込んでもおいしい。

 

 

ドライブルーベリー

アメリカ北部やカナダ、北欧等に自生する「ワイルドブルーベリー」を、砂糖を漬けて乾燥させたもの。

目の健康を守るポリフェノール、アントシアニンが豊富。

ヨーグルトに混ぜたり、パンやお菓子の生地に混ぜ込んでもよい。

 

  • facebook
  • twitter
  • ameba
  • line@
  • エキテン
  • Instagram
ページ上部へ