ご予約はこちら
健康の知恵袋

びわ

ほどよい甘さの初夏の果物、がん予防効果が期待される

日本で栽培が始まったのは江戸時代で、初夏の味覚として親しまれています。

みずみずしくてさわやかな甘さの果肉には、β‐カロテンやβ‐クリプトキサンチンを多く含有。

皮膚や粘膜、消化器官のは盥を正常にし、生活習慣病予防に効果があります。

また、抗酸化作用があり、がん予防の効果が期待されている成分、クロロゲン酸も含まれています。

びわの葉にもタンニン等が含まれ、漢方や民間療法で用いられます。

 

期待される効果

  • がん予防
  • 生活習慣病予防
  • 皮膚や粘膜を健康に

 

保存方法

  • 風通しが涼しい場合で保存、日持ちもしないので早めに食べる

 

食べ方のポイント

  • 冷やかし過ぎると風味が落ちるので、食べる2~3時間前から冷蔵庫へ。
  • 皮ごと水でそっと洗い、へそ(底のくぼんだ部分)から皮をむくと簡単にむける。

 

主な栄養成分可食部100gあたり
エネルギー40kcal
カルシウム0.1mg
カリウム16mg
ビタミンA(レチノール活性当量)68μg
ビタミンC5mg
ビタミンE1.1mg
食物繊維1.6g
科・属バラ科ビワ属
和名枇琶
原産地中国
主な産地長崎県、千葉県、香川県
おいしい時期5~6月

 

選び方

果皮にハリやツヤがあるもの。うぶ毛があり、白い粉(プルーム)がついているもの

  • facebook
  • twitter
  • ameba
  • line@
  • エキテン
  • Instagram
ページ上部へ