ご予約はこちら
健康の知恵袋

オリーブ

イタリア料理でおなじみ、健康・美容成分を含む

日本では江戸時代から栽培が始まったと言われているオリーブ。

渋みが強く、生食には向かないので、塩漬けやオリーブ油漬けにされたものがびん詰や缶詰で出回っています。

そのまま食べたり、サラダやピザ、パスタ、サンドイッチのアクセントとして使われます。

ビタミンEやオレイン酸、ポリフェノール等が含まれます。

細胞や血管の老化を抑制し、免疫力を上昇させ、コレステロールなどにも役立ちます。

 

期待できる効果

  • 生活習慣病予防
  • 肌や髪、爪を健康に

 

保存方法

  • 開封後は実が空気に触れないように駅に浸し、冷蔵庫で保存する。

 

食べ方のポイント

  • 市販のオリーブ塩漬けが塩辛過ぎた場合、薄い塩水(2~3%)に10~30分つけて塩抜きするとよい。
  • 炊き込みご飯の具や冷っこの薬味にするなど和食戸とも相性が良い。

 

グリーンオリーブ

主な栄養成分可食部100gあたり
エネルギー145kcal
0.3mg
カルシウム79mg
カリウム47mg
ビタミンA(レチノール活性当量)38μg
ビタミンC12mg
ビタミンE5.5mg
食物繊維3.3mg
科・属モクセイ科オリーブ属
和名オリーブ
原産地地中海沿岸
主な産地香川県、岡山県など
おいしい時期9~10月

 

グリーンオリーブとブラックオリーブの違いは?

オリーブは熟すにつれて緑色から紫色、黒色へとかわっていく。まだ若く、未熟な実がグリーンオリーブ、完熟したものがブラックオリーブで、色の違いは収穫時期の違い。

 

  • facebook
  • twitter
  • ameba
  • line@
  • エキテン
  • Instagram
ページ上部へ