ご予約はこちら
健康の知恵袋

マンゴー

濃厚な甘さの果肉には、様々な栄養成分が

世界3大美果の1つにも数えられる、トロピカルフルーツの代表格。

メキシコやインド、タイ、フィリピンなどからの輸入品だけでなく、1970年代からは宮崎県や鹿児島県、沖縄県など、国内でも妻財されるようになり、身近な存在になりました。

マンゴーの果肉にはβ‐カロテンが豊富で、肌の健康維持、がんや動脈硬化の予防効果が期待できます。

また、色素成分でエリオシトリンには、脂質の酸化を抑える働きがあり、がんや糖尿病、高血圧など、生活習慣病の予防に効果が期待できます。

また、造血作用のある葉酸や、整腸作用のある食物繊維のほか、カリウムも比較的多く、高血圧の予防にも役立ちます。

 

期待できる効果

  • β‐カロテンによるがん・生活習慣病予防
  • 葉酸による貧血予防
  • カリウムによる高血圧の予防

 

アップルマンゴー

国内で生産されるほとんどが、このアーウィン種。熟すと皮がりんごのように赤く色づく。
ほどよい酸味とコクのある甘さ。とろけるような食感が特徴。

 

選び方

  • 皮が鮮やかに色づき、ツヤがあって厚みのあるもの
  • 黒い斑点やしわがあるものや、触ったときにブヨブヨしているものは鮮度が落ちている。

 

 主な栄養成分可食部100gあたり
エネルギー64lkcal
0.2mg
カルシウム15mg
カリウム170mg
ビタミンA(レチノール活性当量)51μg
ビタミンC20mg
ビタミンE1.8mg
食物繊維1.3g
葉酸84μg
科・属ウルシ科マンゴー属
和名檬果、菴羅、菴摩羅
原産地インド、東南アジア
主な産地沖縄県、宮崎県、鹿児島県
おおいしい時期4~8月

 

 

品種群

フィリピンマンゴー

輸入マンゴーの多くはフィリピン産で、価格も手ごろ。形がペリカンのくちばしに似ていることから「ペリカンマンゴー」とも呼ばれる。
なめらかな食感で甘味はさわやか。

ドライマンゴー

カットしたマンゴーを乾燥させたドライフルーツで、ビタミンなどの栄養素が凝縮されている。
そのまま食べるほか、ヨーグルトに混ぜたり、ケーキ生地に混ぜ込んでもおいしい。

 

保存方法

  • まだかたい未熟なマンゴーは、風通しのよい涼しい場所で追熟させる。
  • 完熟したものはポリ袋に入れて野菜室へ。

 

食べ方のポイント

  • 独特の香りが強くなり、指先で触った時に柔らかさを感じれば食べごろ。
  • 食べる2~3時間前から冷蔵庫で冷やすとおいしく食べられる。
  • 中心に平らな種があるので、包丁でそぐようにして縦3枚に切る。

 

おすすめの食べ合わせ

+にんじん(β‐カロテン)がん予防・美肌効果

 

  • facebook
  • twitter
  • ameba
  • line@
  • エキテン
  • Instagram
ページ上部へ