ご予約はこちら
健康の知恵袋

すいか

カリウムが豊富で、デトックス効果があり

日本の夏を象徴する果物として親しまれている、すいか。

果汁たっぷりで水分補給もできて、暑さに疲れた体を冷やしてくれます。

紀元前5000年には南アフリカで栽培されていて、日本には平安時代に中国から伝わったといわれていますが、諸説あります。

すいかは、体内の余分なナトリウムを排出して高血圧をお予防するカリウムが豊富で、皮に近い部分には利尿作用のあるアミノ酸の一種、シトルリンが含まれているので、老廃物の排出を促すデトックス効果もあります。

また、赤い果肉には、β‐カロテンやトマトと同じリコピンが含まれているので、抗酸化作用が高く、がん予防やアンチエイジングにも効果が期待できます。

 

期待できる効果

  • カリウムによるむくみ改善、高血圧や動脈硬化の予防
  • リコピンによるがん予防、アンチエイジング効果

 

大玉すいか

一般的に出回っているすいかで、重さは3~5kgが主流。皮に縞模様があり、果肉が赤色のものが多い。シャリっとした食感と甘味が楽しめる。

 

選び方

  • 果皮にハリがあり、縞模様がはっきりしているもの。形が左右対称なもの
  • カットすいかのばあいは、果肉が鮮やかで空洞のないもの、種が黒く太っているもの

 

 主な栄養成分可食部100gあたり
エネルギー37kcal
0.2mg
カルシウム4mg
カリウム120mg
ビタミンA(レチノール活性当量)69μg
ビタミンC1mg
ビタミンE0.1mg
食物繊維0.3g
科・属ウリ科スイカ属
和名西瓜
原産地アフリカ
主な産地熊本県、千葉県、山形県
おいしい時期6~8月

 

保存方法

  • 丸ごとの場合は風通しの良い冷暗所に置く。
  • カットしたものはラップに包んで冷蔵庫へ。
  • 食べきれない分は、カットして冷凍用保存袋に入れて冷凍する。スムージーやジュース、シャーベットにしてもおいしい。

 

食べ方のポイント

  • 皮に近い部分は甘味が薄く、中心に近づくにつれ甘くなるので、甘味のバランスがよくなるように放射状に切る。

 

小玉スイカ

重さが1.5~3kgと小さい。外見は味は大玉と変わらないが、皮が薄いので可食部分が多い。

 

黒皮すいか

東南アジアでよく見られる種類で、日本でも以前は一般的だった。糖度の高い「でんすけ」や「ダイナマイト」など、様々なブランドがある。

 

おすすめの食べ合わせ

+牛乳(カルシウム)夏バテ予防

 

  • facebook
  • twitter
  • ameba
  • line@
  • エキテン
  • Instagram
ページ上部へ