ご予約はこちら
健康の知恵袋

6.リンパマッサージでセルライトが燃焼するのはどうして?

体の内側と外側から温めることで効率的に燃焼をサポート

体を温めるとセルライトが燃焼しやすくなります。

そこでのが、経絡リンパマッサージです。まず、固くなってしまったセルライトをもみほぐしながら皮膚表面を温めていきます。

そして次に、その部分をさすって、たまった老廃物と水分をリンパに流します。

皮膚表面をさすると血行もよくなるので、体温も上昇。

3つ目のステップで、全体を大きくつかんでもみほぐし、皮下脂肪の下にある筋肉の血行をよくして、セルライトの燃焼を促します。

そして、仕上げにたたきます。

細胞を活性化し菜があ、皮膚表面とボディラインを引き締めていくのです。

このように、リンパマッサージは、血液やリンパの循環を促すことで快音や皮膚温を上げ、セルライトの燃焼を高めることができるのです。

そのため、リンパマッサージを行なうと、軽く汗がにじんでくるほど体がポカポカしてくるはず。

こうなれば、体が温まり、セルライトの燃焼準備が整ってきたサインです。

さらに今回のメソッドでは、経絡リンパマッサージに内部燃焼ポーズをプラス。

筋肉を直接刺激することで、筋肉が発する熱により体を内側から温めます。

筋肉運動で体の内側から、マッサージで皮膚表面から体を温める。

内側と外側の両面からセルライトに働きかけ、燃焼を促進していきます。

 

ステップ4.超燃焼プログラムですっきり!

いつでもどこでも内部燃焼ポーズ

筋肉を刺激して内側から燃焼準備

効率よくセルライトを燃やすために、筋肉トレーニングなどで筋肉を刺激し、燃焼準備をします。
マッサージ前に限らず、電車の中やオフィスなどでも常に行なって。
 
ステップ1.押す(にぎる)
~温める~

かたくなったセルライトを温める

長年放っておいたセルライトは固くなり、落ちにくい状態に。
そこで、堅くなったセルライトを皮膚の表面から押してほぐします。
ギュッとにぎって刺激して。
 
ステップ2.さする
~流す~

老廃物や水分の流れをよくする

セルライトにたまった老廃物や水分を流れやすくします。
やせたい部分に手の平を密着させ、各リンパ節に向かってさすります。
リンパや経絡の流れがよくなります。

 
ステップ3.もむ
~ほぐす~

筋肉の血行を促進して燃焼力アップ

ステップ1より大きく刺激する方法です。
内部燃焼で刺激した筋肉の血行をさらによくし、セルライトの燃焼力をパワーアップ。
タオルをしぼるようににぎるのがコツ。

 
ステップ4.たたく
~引き締める~

細胞を活性化して引き締める

手のひらを軽く丸めて、パコパコとリズミカルにたたきます。
細胞を活性化して皮膚を引き締める手技。
たるみやとくに引き締めたい部分を活性化するのに有効です。

 

 

プログラムの進め方
選ぶ練習覚える実践
まずは必要なプログラムをセレクト。引き締めたい部位。回数を確認。写真を見ながら、自分の手や足を使って各ステップを練習してみよう。見ながらやるより、覚えて行った方が効果はアップします。4ステップならすぐに覚えられるはずです。行ないたい部位のプログラムを毎日実践していきましょう。目標を決めて行なうと効果的。

 

  • facebook
  • twitter
  • ameba
  • line@
  • エキテン
  • Instagram
ページ上部へ